最終狩 轟竜 再び
雪山エリア8

S・ソルZシリーズ+龍刀【刧火】の最強装備のソウヤとレイアシリーズ+ソニックボウ・Uのツクモは因縁の相手と相対していた。

ツクモ「ソウヤ師匠!!挟み撃ちにしましょう。」

ソウヤ「ああ…。俺は正面からツクモは背後から連射してくれ。」

ソウヤとツクモはそれぞれの方向に回り込みありったけの力でティガレックスにダメージを与えていた。

ツクモ「…。」

ツクモとソウヤは身を低くかがませる予備動作を見て一旦離れた。

その瞬間ティガレックスは時計回りに回り攻撃をした。

ソウヤ「ツクモは俺が囮になっている間に〈シビレ罠〉を設置してくれ。」

ソウヤはティガレックスの攻撃が終わると正面から突っ込んで行った。

その隙にツクモは〈シビレ罠〉と〈大タル爆弾〉を設置した。

そしてツクモはティガレックスの猛ダッシュを誘うために矢を放った。

その矢はティガレックスの尻尾に当りティガレックスはツクモを狙い猛ダッシュをした。

だが、ティガレックスはツクモの作戦に引っ掛かり誘導されてシビレ罠にはまり動けなくなった。

さらに…

ツクモが放った連射矢が大タル爆弾に当り爆発を起こした。

それに追い討ちをかけるかのようにツクモはティガレックスの頭を狙い連射矢を、ソウヤはティガレックスの尻尾を切断するために尻尾を斬り続けた。

それが功を奏してティガレックスがシビレ罠から出た頃には尻尾を切断された。

ティガレックスは足を引きずりエリア7に飛んでいった。

ソウヤ「ツクモ…次で決めるぞ!!」

ツクモ「はい!!」

ソウヤとツクモはティガレックスが逃げた方向へと向かっていった。

エリア7

ソウヤ「…ツクモ最後はお前が決めろ。」

ソウヤはそう言うと走って行った。

ティガレックスは自分の正面に走ってくる獲物を仕留めるために爪で氷の塊を投げた。

ソウヤはそれを避けると右脚を斬って後ろに下がった。

ティガレックスはその攻撃に怯んだ。ツクモはその隙に〈強撃ビン〉を装着をして連射した。

ツクモが放った矢の雨がやむとティガレックスは動かなくなった。

こうしてソウヤとツクモはティガレックスを討伐することに成功した。
銀龍
http://monhun.nijishousetu
2014年05月17日(土) 08時01分09秒 公開
■この作品の著作権は銀龍さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ


この作品の感想をお寄せください。
感想記事の投稿は現在ありません。
お名前(必須) E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)  削除用パス 


<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD 編集 削除