この世はハンター第2話
「さ〜てこの村か」
 
 ケインは依頼主のいるという村にきていた
 村のようすはおせじにもきれいとはいえなかったが
 村人は仲良くくらしているようだ

「きみがケイン君だね?」
 とつぜんうしろから声をかけられた
「そうですけど・・・・」
「私が依頼主のジュンだ一応この村の村長をやってる」
「そうだったんですか」

「私たちはドスゲネポスにはとてもこまっているんだ」
「なぜですか?」
「ドスゲネポスが私たちの食料を食いあらしてしまうんだ」
「それはひどい!」
「だから私はあなたに討伐をおねがいしたんだ」
「よ〜しまかせてください!」
 
その後ケインはアイテムを買いそろえた
 そしてあらたな武器鉄刀を手に砂漠へと向かうのであった・・・・
天からの使者
2009年05月24日(日) 20時13分44秒 公開
■この作品の著作権は天からの使者さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ


この作品の感想をお寄せください。
 どうも、始めまして……ですよね? ケルベロスです。
 上の方から読ませてもらっているので、一話目は読んでません。申し訳ないですが。

 ただ、その状態でも言いたいことが数個。

 まず、とても短いです。プロローグでないのならせめて『3000』ぐらいはほしいところです。ワードで言えばおそらく4〜5枚ほど。
 そして、短い上に台詞が多いです。地の文をもう少し増やしましょう。

 『・・・』は『……』で表現して、偶数個セットで使いましょう。

 地の文の終りには『。』を。

 漢字を使った方がいいです。難しい漢字や常用漢字以外ならともかく『うしろ』『とつぜん』『あらたな』『おねがい』『そろえる』など、いっぱいあります。漢字を使った方がいいでしょう。

 このぐらいですかね。他のライターさんの作品を読んで参考にして見ましょう。
 読んだのならコメントはした方がいいですよ?

0点 ケルベロス ■2009-05-24 21:18 ID : qhPntUR4m9Y
PASS
合計 0点
お名前(必須) E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)  削除用パス 


<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD 編集 削除